飛蚊症の原因を理解して効果的な対策を講じましょう!

飛蚊症になった!? 放置してもいい?それとも、治療が必要?

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、目の前には実際には何もないにもかかわらず、視界に黒い点やゴミのようなものが浮かんで見える症状のことをいいます。

 

飛蚊症の多くは、老化現象のひとつとして現れ、50歳くらいになると、大半の方が症状を自覚したことがあるともいわれています。

一般的に、目の老化は加齢に伴って進行しますが、最近は、パソコンやスマホ、テレビ、ゲーム機器などデジタル機器の普及により、日常的に目を酷使して、休息をとっても目の疲れが取れないという眼精疲労を訴える人が増え、若年層でも目の老化が懸念されています。

眼精疲労については、眼精疲労解消ナビ|つらい症状から解放されるための治し方 に詳しく解説されていますので、参照してください。

 

ただ、ほとんどの症状は加齢が原因で起こりますので、症状が悪化しなければ特に心配することはなく、放置していても問題はないとされています。

 

生理的飛蚊症と病的飛蚊症は対策が違う

ただし、加齢や老化など生理的な原因以外にも、病気の前兆として飛蚊症の症状が現れるケースもあり、その場合は、放置しているのは大変危険です。病気が進行して治療が手遅れになってしまう恐れがあります。

ですので、飛蚊症の症状を自覚したら、自己判断しないで病院を受診して原因を調べてもらうようにしましょう。

 

ただ、原因が加齢や老化など生理的要因で起こっている場合、病院では積極的に治療は行われません。理由は、生理的飛蚊症の場合、健康保険が適用される治療方法が確立されていないためといわれています。

 

生理的飛蚊症を改善するためにサプリでアイケア

そこで、飛蚊症を改善するために、目に良いとされる栄養成分を外部から補うというアイケアがおすすめされており、必要な栄養成分をサプリから摂取している人が多くいます。

目に良い栄養成分としては、ルテインやアントシアン、ゼアキサンチン、アスタキサンチンなどがよく知られており、これらの栄養成分が豊富に配合されたサプリメントを摂取して飛蚊症の改善されたという口コミが多くあります。

 

低価格アイケアサプリ『めなり』に配合されている栄養成分の量が業界トップクラス

数あるサプリメントのなかでも、目に必要な栄養成分を豊富に配合し、しかも、低価格と評判なサプリに『めなり』があります。

 

めなりは、アントシアンをたっぷり含んでいるビルベリーを170mg配合、ルテインとゼアキサンチンを各々12mg、2.4mg配合しています。

1日分あたりのビルベリー配合量100㎎前後が多いサプリのなか、めなりの170㎎というビルベリー配合量は業界トップクラスです。

 

さらに、ルテインとゼアキサンチンは、5:1の割合で摂取すると効果が高くなるというデータがあるのですが、めなりは、ルテインとゼアキサンチの推奨摂取量を配合しているのです。

ほかにも、アスタキサンチン、クロセチン、βカロチン、ビタミン群、ミネラルなどスッキリ視界をサポートしてくれる栄養成分もたっぷり配合しています。

 

今なら、通常価格よりも大幅に割引された907円(税抜き)という低価格で購入することができます。15日間の返金保証もついていますので、からだに合うかどうか不安という方も安心して注文できるのではないでしょうか。

> 低価格&高スペックアイケアサプリ【めなり】はこちら